サラリーマンのど根性ブログ!仕事もプライベートも全力疾走あるのみ!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で2008年も最終日です。

しかし今年も激動の1年でした。

上司のマネジメントについてこのブログを通じて様々な思いを綴ってきました。
決して愚痴ではございません。

部下の目線にたって有能な上司とは何をどのように考えそして部下とどう関わっていくのか、常にイメージしているものです。

これまでダメ上司の言動や行動をここでアップしてきました。決して愚痴や陰口なんかではありません。


しかし、上司も人間。

窮地に立たされた時にその人の本質があらわになるといいますが・・・



うちの会社も世間で話題になってる通りリストラの方針が出されています。


そんな非常事態の時にバカ上司のとった行動とは・・・




続きは来年に・・・


良いお年を
スポンサーサイト
やっぱりというか・・・

想像してた通りというか・・・


我が社も大量の人員削減の方針が言い渡されました!
しかも社員数の約80%以上が肩たたきに合うという決定です。

流石にこれじゃ仕事もままならないですよ。取引先にはなんて説明しようか、まだ私自身もどういった行動に移そうか迷いの中で更新しています。

会社も相当苦しい環境に置かれているということは以前から耳には入っていた。

ではそういった事態に置かれた社員はどう対応していけばよかったのか。

残念ながら焦ってあわてて転んでいるのは役員、上席幹部たちだけで当の社員は上の空。
モティベーションも上がるどころか下がりっぱなし。
上司はこれといった戦略や販売方法を打ち出すこともせずただただ『売って来い!売ってこい!』を繰り返すだけで。。。

挙句の果てには誰がこの責任を取るんだ?とかあいつが(ら)あほだからこんなことになってしまったんだ!

と責任転嫁のはじまり。

しかし 馬鹿上司って世の中にはたくさん存在するんでしょうけど、ここまでのうすら馬鹿なマネージャーって見たことないです。

しかもリストラだって言われてんのに自分だけは大丈夫!みたいな言動も平気で社員の前で豪語する始末です。


もう 終わってますな この会社・・・


久しぶりに更新してます。

しかし世の中の景気悪化に伴い国内企業の大半は苦労に苦労を重ねて苦しい経営を強いられている今日この頃ですが…

みなさんの会社は儲かってますか??

わが社はといいますと…








いいわけない!!



最悪!!!




ってとこです。

相も変わらずバカ上司(特に部長さんがね)こんなに業績が悪化しているにも関わらず妥当な戦略や方針を一向に打ち出さない始末。

もう暴言としかいいようもない罵声だけで具体的な問題解決をしようともしない。

営業会議が開催されても

「支店・営業所毎にこれまでのレビューをやってくれ」

「先月はどこそこの取引先との商談で○○の価格において○○社と競合の末負けました」

「やる気あんのかぁ!!そんなことだから気合がはいらねぇんだよ!」

「・・・」

「しかし当社の価格戦略におきまして限界利益を超えるような相手先とは取引するなと…」

「それはそうなんだが、そんなんばっかじゃひとつも契約にこぎつけないじゃないかよ!」

「・・・」




こんな押し問答だけで会議終了。

まったく疲れるだけの会議。


そういってる部長の直轄部署はというと・・・ まっかっか!!


情けない。まったく情けない。。。


てめぇの事は棚に上げて他者には強気の発言だらけ。。

ついていく気にもならない。

上司からして赤字垂れ流しなんですよ。

どう思います??

今日はこの辺で。



バカな上司につくと先行き不安になるのは私だけ?


仕事中はうつ 会社の外では元気 「新型うつ病」大流行の裏側

8月10日12時15分配信 J-CASTニュース


 「新型うつ病」なるものが蔓延しているのだという。クリニックの予約を取ろうとしても患者が多すぎ、新患は3ヶ月も待たされる場合もあるそうだ。仕事中にだけうつになり、会社の外では元気、というのが特徴で、若い世代に目立つというこの「新型うつ病」、なぜ増えているのだろうか。

■自分を責めるのではなく、身近な人間を攻撃
 
精神科医の香山リカさんは、著書「うつ病が日本を滅ぼす!? 」(2008年5月20日刊)にこんなことを書いている。

  「本当にこれが『うつ病?』と自分で書いたはずの診断書を改めて見返してしまう」

 これまでの「うつ病」といえば、几帳面でまじめな人がかかりやすく、落ち込み、自分を責め、自殺に至るケースが多いというイメージだった。しかし、07年から急激に増えだしたとされる「新型うつ病」は、仕事中だけうつで、帰宅後や休日は普段通り活発に活動する。自分を責めるのではなく、身近な人間や社会に対して攻撃的な態度になり、休職したとしても会社や同僚かける迷惑などあまり感じない、というのが典型らしい。

 朝日新聞の08年5月17日付けには、精神科クリニックが患者でパンク状態になっているのは「新型うつ病」患者が急増したからではないか、と書かれている。「新型」は20~30代に目立ち、都内のあるクリニックでは患者の4割前後を占めるのだという。

 厚生労働省の調べによると、うつ病、躁うつ病の患者総数は99年の44万1千人に対し05年は2倍の92万4千人に増加。製薬会社ファイザーが12歳以上の一般生活者4,000人を対象に、07年2月7日から07年2月16日にかけて行ったインターネット調査では、「一般生活者の12%、約8人に1人がうつ病・うつ状態の可能性」があるという結果が出ている。

■昔から別の病名として扱われていた?

 こうした状況を、一体どう考えたら良いのか。「うつ病の真実」「専門医が教えるうつ病」などの著書がある防衛医科大学校病院副院長で、「日本うつ病学会」理事長の野村総一郎さんに聞いた。それによると、うつ病は症状や病気になる過程によって「メランコリー型うつ病」「双極性障害」「気分変調症」「非定型うつ病」の大きく4つに分類され、「新型」と呼ばれているのが「気分変調症」「非定型うつ病」に当たるのだという。そして、実はこうなんだそうだ。

  「新型と呼ばれているようですが、それは、うつ病という診断はしてこなかっただけで、昔から別の病名として扱われていたんです。患者数は増えてはいますが、実態としてはここ数年で急に増えた、ということでもないんです」

 うつ病と診断する基準は各国まちまちで、現在は米国精神医学会の診断マニュアル「DSM」を参考にするのが世界の趨勢なのだという。各国の医療関係者がこれを参考にし始めたのは、80年に画期的な変貌を遂げた第三版から。94年改定の第四版もほぼ同じ内容になっている。日本では「DSM」を参考にする医師は少なく、「新型」と呼ばれる症状については、パーソナリティー障害、抑うつ神経症などと診断していたのだそうだ。

 それが数年前からようやく日本でも「DSM」を参考にする医師が増え、患者に伝わることによって、いきなり「新型」が大流行しているかのような錯覚をする人が増えたのではないか、と、野村さんは見ている。さらに、「DSM」は2011年に改定され第五版が出るが、「新型」と呼ばれているものが、うつ病として分類されるかのかもわからないのだという。

クリックにご協力下さい。。。
 ブログランキング ブログ ランキングナビ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ 

ビジネス・仕事
ランキング


テクノラティのお気に入りに追加する

















PING送信プラス by
SEO対策




職場がおかしい。何か冷めた感じのする職場、ギスギスした職場
■「皆のために」と一所懸命頑張ったのに、反応が薄い
■熱意を込めて書いた提案メールに、レスポンスがない。あるいは冷ややかな反応ばかり返ってくる
■何回頼んでも。誰もきちんと対応してくれない
■そのくせ、一方的な指示を出してきて、こちらが対応しないとキレる
■ランチタイムは社員同士ばかりがつるんで、派遣社員やパート社員は蚊帳の外だ
■イライラした空気が職場に蔓延し、会話がない
■困っていても、「手伝おうか」の一言がない
■「おはよう」等の挨拶もなく、皆淡々と仕事をはじめる

いかがでしょうか?あなたの職場に当てはまる節があれば要注意!

ほんとにヤバイ会社が多いんですよ。働く意欲が沸くはずがない!
どうしてそんな会社になってしまったのか・・・

ヒントはこの本を読めば分かります。 前向きな方へ読んでもらいたい1冊です。


不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)
(2008/01/18)
河合 太介高橋 克徳

商品詳細を見る


クリックにご協力下さい。。。
 ブログランキング ブログ ランキングナビ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ 

ビジネス・仕事
ランキング


テクノラティのお気に入りに追加する

















PING送信プラス by
SEO対策




さて法人営業に従事する私ですが、業績が右肩上がりの企業は羨ましい限り。

儲かっている会社にお邪魔してみるとやっぱり活気があります。
そんな企業に訪問してびっくりさせられることがあります。

オフィスに入るなり
「いらっしゃいませ!」
と全員規律して挨拶してくれる事。

これは実に気持ちがいいもんです。

社員教育が万全というか社員全員がクライアントであろうとお客様であろうと感謝の気持ちを持って接しているという点。

これだけで印象が変わるものです。

うちの会社といえば。。。

これがとんでもなく暗い。暗いだけではない!挨拶ひとつない。
コミュニケーションの第一歩ってやはり挨拶から始まりますよね。

朝出社して「おはようございます!」といえば
社員たちは「・・・・・」

なんだぁ?この会社は。。。転職してまず思ったのがこの空気を見て
「失敗したかな・・・」


我が会社はそこそこ老舗のメーカーで知名度もそれなりにあります。(と思います)

昔はチャリンチャリンとお金が入ってきてたのでしょう。

ここ数年はきれいに右肩下がりの放物線を描いているのです。


まず、なんで業績があがらないのか、ここを検証してみたいと思います。

私が客観的に見て「ちょっと違う」と思える点を列挙してみると

1、営業部なのに個人の目標数値がわからない
2、目標数値の達成度がわからない
3、営業会議なるもので課題と解決の場が持たれていない
4、日報はあるが、その日報がメンバー、或いは社内で見ることができない(上司のみ)
5、週間スケジュールは立てているが、実行されていない
6、新入社員への研修もない(半年経っても放置)
7、戦略がない
8、その他いっぱい(書ききれません)

これが現実なんです。

この会社は何を目標としているのでしょうか。
何のために仕事をしているのでしょうか。

堪り兼ねて上記の問題点を提議したところ
「素人にはわからない」という回答です。

どちらが素人なのでしょうか?
目先の問題点や課題が見えていないのか、或いは問題や課題から逃げているのかは定かではありませんが、マネージャーからしてこんな調子では業績の回復などありえません。

挙句の果てには「上司の指示には絶対に服従すべし」との先輩社員たちの教え・・・

ヴァッカじゃねぇの!

それってお前らにはアイディアとか発想とか、はたまた責任感すらないって事を暴露しているようなもんだろ!

そんなことだからいい年になっても嫁が来ないんだって!

もうさ、できないならできないでいいからもっと自分に相応しい仕事を探してはいかがでしょうか?

ちょっと愚痴っぽくなりましたが、私の言いたかったことは人間関係が希薄な会社に将来は無い!ということです。(ちょっとずれましたが…勘弁)

まだ諦めるのは早い、自分たちででき得る事を真剣に議論しましょうよ!
そしてこの会社を誇りに思えるような会社にしていきましょうよ!

そのためにここに来たんだから。。。

業績を落とし続けた責任は水に流してあげます、だからこれからどうあるべきかをもっともっと話し合いましょうよ。自ずと道は開けてきますから。
クリックにご協力下さい。。。

就職全般 - 就職
ブログランキング ブログ ランキングナビ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ このブログを評価する

ビジネス・仕事
ランキング


テクノラティのお気に入りに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。