サラリーマンのど根性ブログ!仕事もプライベートも全力疾走あるのみ!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチングを行う上司、行わない上司


世の中には慕われる人とそうではない人に二分されているようです。
慕われる人とはどのような人物なのでしょうか。

1、相性がいい
2、気前がいい
3、相談に乗ってくれる
4、明るい
5、自分の知らない事を知っている(雑学も含む)
6、色々と教えてくれる
7、気遣いが出来る
etc....

まだまだありそうですが、確かに付き合って行きたいタイプかもしれません。

これを上司と部下との関係にあてはめて見ましょう。
上司の諸君!部下への指示や指導は上記を交えてコミュニケーションをとっていますか?まさか大事なことなのにメールで一斉送信しているだけなんて事してませんか?

最近はメールの発達により会話を交わす機会が圧倒的に少なくなりました。これにより部下が10人いたらそれぞれ各人が勝手な解釈をしてしまう状況を作り出してしまうといった負の要因も起こってしまっています。

部下達は途方にくれているでしょう。
大体言い給料もらっている人間が『忙しい、忙しい』という言い訳をしながらメールだけで一方的な指示しかできない『使えない上司』が横行していることがやるせません。

部下を成長させ部署の業績を上げたいならコーチングに徹することです。
日報や週報からの情報だけで部下を判断することは止めたほうがよろしいと思います。
部下の成長に期待するのなら個別に指導することが必要です。そうヒヤリングがいかに部下を励まし失敗を繰り返さず成功事例を多く経験させ独り立ちさせることができる機能を持っているか・・・。

『やって見せてやらせてみる』
実際これを実行している世の中の上司は20%くらいでしょうかね。
残りの80%は明らかに手抜き!こんな上司に限って部下にはキツクあたり根性論のみで指導している人たちです。

最近の部下達は賢くなりました。気に入らなければ簡単に転職してしまいます。

何とか慕われる上司を目指して下さい。そして優秀な人材(財)を作ってください。それがマネージャーの本業なのですから。

就職全般 - 就職
ブログランキング ブログ ランキングナビ ビジネス・仕事ランキング にほんブログ村 ビジネスブログへ このブログを評価する
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
相互リンクさせていただきました
おいどんのバカニュース解説のおいどんでございます。相互リンクさせていただきました。今後ともよろしくおねがいいたしまする。
2006/08/07(月) 07:00 | URL | おいどん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://leppard.blog34.fc2.com/tb.php/112-d39aea63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。