サラリーマンのど根性ブログ!仕事もプライベートも全力疾走あるのみ!

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにげなく↓サイトを見ていたんですが、大変参考になる話題がありましたので紹介します。  logo.gif
FPNはここです

対話の際の6原則(LADDER)
■Look 見る
■Ask question 質問する
■Don't change subject 話題を変えない
■Don't interrupt 話の腰を折らない
■Emotions 感情を考慮する
■Respond 相槌をうつ

人と人とのコミュニケーションにおいては、自分が話を聞いているかどうかを決めるのは、話している相手であると考えた方が良い気がします。

たとえばAさんが私に話しかけていたとして、私はパソコンで作業しながらその話を聞いているとします。私としては、作業しながらでも理解できる程度の話だと判断してそうしていたとしても、Aさんにしてみれば「こいつは人の話もまともに聞けないのか」と思うかもしれません。
この場合、実質的には私は話を聞いていたと言えます。しかし人間関係という視点から見ると、Aさんが感じた「人の話もまともに聞けない」という感想こそが私の評価になるわけです。

もちろん、互いの関係性によっては「作業しながら聞くのは良くない」と一概には言えません。
たとえばAさんと私がそれまでに共有した経験によって、私がパソコンで作業していても、Aさんは「こいつはこれでもいつもちゃんと聞いている」という理解があり、またその理解があることを承知だからこそ私も作業を止めずに話を聞いている場合もあるでしょう。
しかしその場合もやっぱり、Aさんが私を理解しているかどうかが基準になるわけです。人間関係を大切にするならば、話している相手が「自分の話を聞いている」と感じるかどうかが大事なのです。

自分が人の話をきちんと聞いているかどうか、自分の判断で「大丈夫」と思っていても、相手はそう感じていないかもしれません。
そのすれ違いから、知らずに自分の評価を落としているとしたら、それって結構怖いことだと思います。

職場でのキャラ作りと言うか、後者の例のような「互いにわかっている」という状態を作り出す布石として、失礼を承知で敢えてそういう態度をとるのならば、それもまた良しだと私は思いますが、無意識のうちに「聞いてない」と思われるのは、非常に良くない状態です。

ということで今日は、傾聴の技術「対話の際の6原則(LADDER)」をご紹介します。自分の「話を聞く姿勢」を客観視するためのチェックポイントだと思っていただければなと。



対話の際の6原則(LADDER)
Look 見る
Ask question 質問する
Don't change subject 話題を変えない
Don't interrupt 話の腰を折らない
Emotions 感情を考慮する
Respond 相槌をうつ

ってことで、まあ何ていうか。基本ですけどね。

ちなみにコレも、以前ご紹介した「創造的思考のつくり方」と同じ、Intern Ship Trainingで教わったことです。

何かに夢中になったり、相手との関係が馴れ合いになっていたりすると、無意識のうちにすぐ自分の話題に持っていったり、相手の感情を慮ることを忘れてしまったりしてしまうと思います。

私自身そういうことは結構多くて、後で思い返して「何て失礼な態度だったんだろう」と自己嫌悪に陥ります。特に、自分に余裕がない時は、つい自分の用件ばかりに気持ちが向いてしまいます。
そして後になって思い返し、「あ、あれって冗談だったのか?私笑う場面だったのにもしかしてスルーしたかも」とか「あれ、もしかしてあの時むしろ彼女のほうが困ってたんじゃ…」とか、なんか自分の狭量さに情けなくなって落ち込むんですよね。

まあそんなこんなで、基本的に私は、「人の話はちゃんと聞く方だ」とか「自分のことを話すのは苦手」とか、そういう自己認識を過信するっていうのはとても危険だと考えていて、だからこんな風に、自分の行動をきちんと言語化して客観的にチェックしてみるってことは結構必要なんじゃないかなと思っています。箇条書きにするとなんだか味気ないんですけどね…。

でもまあ、なんだかんだ言って、聞き上手になる第一歩は、やっぱりミヒャエル・エンデの「モモ」を読むところからじゃないかなと(大真面目)。小学校の時に読んでモモに憧れたはずなのに、どういうわけだかよく喋る女に育ってしまった私ですが(笑)。もう一回、読もう…。
まずクリックご協力下さい。。。

就職全般 - 就職
ブログランキング ブログ ランキングナビ にほんブログ村 ビジネスブログへ このブログを評価する

ビジネス・仕事
ランキング


テクノラティのお気に入りに追加する
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あはは^^;
これはすみませんでした^^;

>なにげなく↓サイトを見ていたんですが、大変参考になる話題がありましたので紹介します。

・・・ということでサイトからピックアップ紹介させていただきました。

文脈からするとおそらく女性ですね(笑)

というわけで「私は」お・と・こですから。

紛らわしくて申し訳ありませんでした。 ごめんね。
2007/03/04(日) 19:11 | URL | モト所長 #-[ 編集]
こんにちわ♪
すごく説得力のある内容で、あ~とかうんうん、とか一人で言いながら
読みふけってしまいました。
確かに、
話って自分では聞いてるって思ってても
相手はそう捉えてなかったりするし、
逆の立場の時もありますよね。
ま、1番はやっぱり相手を見ることが基本で大切じゃなぃかなって思います。
話してるときに自分の方を見てくれてないと
それだけで、あんまり興味なぃのかなって思っちゃいますね。

ところで・・・、

>小学校の時に読んでモモに憧れたはずなのに、
>どういうわけだかよく喋る女に育ってしまった私ですが(笑)。

変な質問ごめんなさぃ。
モト社長さまって女性だったんですか?
2007/03/04(日) 10:47 | URL | ちり #D6INPM9E[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://leppard.blog34.fc2.com/tb.php/158-f9527956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。