サラリーマンのど根性ブログ!仕事もプライベートも全力疾走あるのみ!

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンチャー企業で成功してる社長の話はほんとに勉強になります。

☆4位に上がりました^0^/☆
就職全般 - 就職

一番楽に小遣いが貯まります、私もやってます←クリックです。


↑直接企業に応募できます☆じっくり検索できます
何も無いところから会社を立ち上げ無名であるが故の苦労も知っている。そこからのサクセスストーリーが実に泣かせる人が多い。

どんなにカリスマ性がある社長だって設立当初はただの人だったんでしょう・・・。

個人的には大ヒットした「渋谷で働く社長の告白」藤田 晋社長は苦労人だと思いますね。(本の中ではですよ)。でも決してアクが強いでもなく業界を揺るがす(LDとか○天のような大胆さ)様なタイプではないように見えますが、会社は順調に推移しています。

到底私には出来るとは思えませんが、ビジネスマンの一人としてやはり憧れはあります。恐らく皆さんも同じだと思います。

でも最近のベンチャー企業の社長達の間で本を出版することがステータスになっているような気がします。

こぞって乱刷している・・・

でも全部読めないですよ!参考にならない物もあるし、奇麗事で片付けている「なんちゃって社長」っぽい本も多いですし。

世のビジネスマンも私と同様そんな世界への憧れからつい買ってしまう。で、内容がよく共感できる社長と思われれば会社の評価に繋がる。

すべて戦略ですね、会社のマーケティング戦略に社長を表に出し注目を集める時代になった。

①社長は最早ブランドとして機能させている会社は成功・・・
②表に出てない社長はまだ確立されてないブランド・・・

皆さんの会社の社長さんはいかがですか?

ず~っと1日中社長室に閉じこもっている社長だったら②
滅多に会社に来られないくらい引っ張りだこの社長は①

もっと社長の尻を叩いて外回りしてもらわないと^^;
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
社長ブランディング
特に米国の新興企業においては、ブランディングの一環として社長個人を売りモノにすることが常套手段になってきましたね。
2005/12/13(火) 10:06 | URL | 課長007 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://leppard.blog34.fc2.com/tb.php/38-e04b17f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。