サラリーマンのど根性ブログ!仕事もプライベートも全力疾走あるのみ!

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これだけは言いたい。
サラリーマンとしてというべきではないのだが、「時間もコストのうち」という認識を持たない方が増えてきているような気がする。会議は定刻に始まらない、アポイント先の企業にはいつもギリギリ状態で飛び込む、等々。

仕事を進める上で絶対に犯してはならない「約束を守らない」事。
僕が必ず企業を評価する場合はここだけは必ずチェックするようにしている。

しかし意外にもルーズな会社が多い事が分かって来た。

そんな会社に共通することはひとつ!

業績が悪いこと!

何故なら時間もコストであるという認識が薄いからである。

特に相手がいる会議や営業先の企業の担当者もそのために貴重な時間を台なしにさせてしまう。

待っている僅かな時間でも書類の一枚くらい目を通す事も出来るわけだ。

ビジネスバーソンであればこれくらいの常識は知っておくべき。

また時間を大切にしているビジネスバーソン程高い業績を打ち出しているのも事実である。

もっと努力する必要がありそうだ。
リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』

何気なく書店の新刊コーナーで目に留まったこの本。
これといって気に入った本がなかったから衝動買いしてしまった、

が!
読めば読むほどもう完全に心を奪われてしまい一気に読破してしまった!しかもこんなに胸が熱くなったのは久しぶりだった。

リッツ・カールトンの信条『クレド』。ここまでお客様のハートを射抜く全従業員に徹底されたホスピタリティ・・・

会社従業員を称える、そして従業員はリッツ・カールトンで働く事を誇りにしている。こんな会社が世の中に存在していたなんて。

単なるビジネス書ではありません。これは魔法のバイブルです。

はっきり言って読まなかった人はかなり機会損失だと思います。

感動のあまり、泣けました。
リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間
高野 登 (2005/09/06)
かんき出版
この商品の詳細を見る


就職全般 - 就職
ブログランキング ブログ ランキングナビ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ このブログを評価する

ビジネス・仕事
ランキング


テクノラティのお気に入りに追加する
業績評価昇格

個人の業績評価についてちょっと疑問があります。

恐らくみなさんの会社でも半期または前期の個人の実績評価を受けていらっしゃる会社も多いことと思います。(単に上司の主観で決まるところもあるらしいですが・・・)

当社も同様に個人評価のレビューとそれに基づき次期報酬が決定するのですが、ここからが変なんです

光栄な事にも昇格しました!!^0^/          

・・・ですが、よーく明細を見てみると  役職手当が付与されたのに基本給が同額分減額されているではありませんか!!!

なに!!! これって昇格なの?

どう見ても降格なんじゃないの?

だって基本給が下がると言うことは賞与にも影響するわけですよね?
年収ベースで考えたらなんか損してる様な気が。。。

なんかますます怪しい当社です。

マジ生活苦しくなりますよ。

就職全般 - 就職
ブログランキング ブログ ランキングナビ ビジネス・仕事ランキング にほんブログ村 ビジネスブログへ このブログを評価する
会社が危ないかも


前回も書きましたが、丸投げ役員と中間管理職の体質に業績悪化という非常事態に進展しています。

実力主義のはずが見ている限りサークル活動・・・・

責任の所在も曖昧、指示も曖昧、人事や労務までいい加減なルール
これでは社員のモチベーションは上がるわけないだろ~。

例えば転勤とか昇格時は普通<辞令>を発令して社内に周知しますよね?
まずこれすらない。

社命で転勤したはずなのに手当て(引越し代・家賃補助等)も無いときたら報われるわけがない。

おかしいと思いませんか?

これって然るべき公的機関へ相談した方がよいのでしょうか?

また残業強制され深夜に会社へ呼び出されるとか休暇出勤しても手当てもないとか。。。

どう考えてもおかしい限り。

詳しいアドバイス頂きたいと思います。
納得できない、或いは泣き寝入りしている社員が多いのでかわいそうですよ。


就職全般 - 就職
ブログランキング ブログ ランキングナビ ビジネス・仕事ランキング にほんブログ村 ビジネスブログへ このブログを評価する
最近慌ただしい
んです。
業績の下方修正や営業に対してのやけくそな指示が多くて。
なんていいますか、戦略が無くマーケティングも無い。
ただ、「契約が取れないのは怠慢の証」という上司や上席のコメントが目に付く。
いい商品を扱っているのに。ターゲットは?顧客ニーズは?価格は適正?競合ライバルの動きは?

営業をかける上で最も必要となるデータも無いときたらどこにどのように営業したらいいにかさえわからなくなる。
営業部門は会社業績を左右する存在で対外的に会社の代表としての顔を持っている。
意見を持って会議に参加し提案するときたら「そんなこと考える暇があったら営業に行け!」
戦略がない商品をどう営業すればよろしいのでしょうか。。。

決して愚痴を申し上げている訳ではないのです。
苦しいからこそ今解決しておかないと絶対売れないことは社員の周知するところなのです。
なぜ幹部は耳を貸そうとしないのでしょう。
なぜ社員も意見を言おうとしないのでしょう。

このままではほんとに会社の将来が心配になります。
ひとつ考えられることは「上席は現場を知らない」こと。

生の顧客の声を聞こうとしないこと。

いかがでしょうか、小生の言っていることは間違っていますか?

もう少し上司部下トップと社員の対話が必要なのではないだろうか。


就職全般 - 就職
ブログランキング ブログ ランキングナビ ビジネス・仕事ランキング にほんブログ村 ビジネスブログへ このブログを評価する
社内コミュニケーションが上手く機能していない企業が多いと聞きますが如何なんでしょうか?
方法としては「メール」「掲示板」「会議(TV会議含)」等々、ですが実は我社のコミュニケーションは・・・ちょっと最悪かもしれないです。

もう完全にメールに頼りきっている。面と向かって何も言わない上司もメールでは鬼畜生なみの暴言含んだ叱責。
何で口頭で言ってくれないんだろう。

それとどうでもいいことはFace to Faceなんですが、重要度マークが付く様な内容はメールばかり。

こんなことばっかりやってたら間違いなく理解できなくなります。
上司は忙しさに甘えて一斉に通達できる利器を使おうとします。

受けては認識のズレや面倒さも重なり結局理解できずに時が過ぎていきます。

こんな会社の行く末が大変心配です。
業績下降している唯一の原因はここだと思うんですよ!

で、ミドルクラス以上の偉い方々が考えることは「もっと社内で情報共有できて活性されるコミュニケーションツールを作ろう!」です。

んで考えに考えた挙句のツールは「Mixiを彷彿させる社内向けツール」なんですって!!

君達アホですか!それでも人の上に立つマネージャーの集まりかよ!
呆れて開いた口が塞がらない・・・

あのね、うちの会社に足らないものは何だか分かりますか?

コーチングなんです!

指示ばっかりして指導が全く出来てないんです。
そう!ほったらかし!そのくせ数字が足らないとガミガミ言ってしまう、しかもメールで・・・

あのね、小生はマネジのプロなんです。
ですから、皆さん方のマネジぶりを見ていると可愛そうになってきます。本を読んで知識を埋める事は大変重要です、しかし上司と部下、或いは部署間でのコミュニケーションは間違いなくFace to Faceが基本です。そう、まして感情をメールに託す上司ほど間抜けに見えることはないでしょう。
業績を上げたいと思われている部下を持つ方、社内コミュニケーションを充実させたいと思われている方々、まず酒席の場を持って社員の声を聞きなさい!しかも絶対反論せず黙って聞きなさい!

これが第1歩です。
会話するのにワザワザ高い費用をかけてツールなるものを開発したって改善はされませんから。小生の経験です。


就職全般 - 就職
ブログランキング ブログ ランキングナビ ビジネス・仕事ランキング にほんブログ村 ビジネスブログへ このブログを評価する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。